英語力があると昇進でも有利!役職者になるために英語力は必要?

海外出張や海外研修のチャンスが増える


外資系企業へ転職するとなると、高い英語力が必須であると思われがちですが、すべてはそうである訳ではありません。外資系企業であっても、社員全員が日本人で、お客さんも日本人である場合があるからです。しかし親会社は海外にあるので、英語を使わない環境であっても英語力があった方が昇進などでも有利に働く場合があります。なぜ、外資系企業で働く場合に英語力があると昇進のチャンスが増えるかというと、海外出張や海外研修に行く機会が増えるかもしれないからです。英語力が高いことによって、人より早く海外出張や海外研修への声がかかりやすく、その経験などを考慮されて、昇進の機会が増えるのです。したがって、外資系企業で役職者になるためには、引き続き英語の勉強を続けていった方がいいでしょう。

社内情報を確認できる


他にも外資系企業で働く場合に高い英語力があるメリットは、社内で情報収集や分析をする場合に役に立つ点です。世界中のいたるところに事業を展開している外資系企業には、世界各地で経験したあらゆるビジネスケースやノウハウを蓄積している場合があります。それらを確認するためには、英語力が必要です。それらのデータベースは、基本的に英語が中心になっているので、英語が読めるということはそれらの情報を手に入れられるということにつながります。また社内情報だけでなく、業界内の最新情報や論文は英語で発信されることが多いので、それらを理解できる英語力があるかどうかが今後の昇進に影響することになります。外資系企業においては、英語力がある方が役職者になるチャンスが高いということを覚えておきましょう。