英語力があるといきなり本部勤務もできる!どんな職種を目指す?

英語力が高い人は金融や財務を目指そう


高い英語力があると転職に有利な外資系企業の職種は、金融関係です。金融業界では曖昧な発言が致命的なミスにつながることもあるので、それなりの英語力が必要です。電話会議や社内会議などで、担当分野について英語でディスカッションできるくらいの英語レベルがあるといいでしょう。英語レベルでいったら流暢レベルから母国語レベルです。金融関係の外資系企業に転職したいのであれば、留学経験や海外勤務経験をアピールすることが有効です。役職によって異なりますが、経理や財務などの職種も高い英語力が必要であるといえます。外資系企業の財務部長レベルのポジションを目指しているなら、海外の留学経験以外にも海外でのMBA取得なども有効なアピール方法です。

人事も英語力が高い人に有効です


外資系企業の人事部門も高い英語力を求められる職種です。外資系企業の人事部門は、人事制度や人事システムがグローバルに統一されているところが多いので、本社と円滑にコミュニケーションをとれる英語力が必要です。また日本独自の人事システムや労務問題を本社に説明する機会もあるので、これらのことを英語で説明できる英語力が必要であるといえます。このような職種に対応できるくらいの英語力があれば、いきなり本部勤務も夢ではありません。いつか海外で働きたいと考えているなら、外資系企業の金融や財務、人事などの職種を目指すのもいいでしょう。さらに英語力が高ければ、英語力が低い人に比べて海外研修や海外出張に行く機会が多いので、出世するスピードも早くなります。