英語力が無い人でも、できる!外資系転職はどんな職種を目指すべきか?

英語力がない人が外資系企業に転職する場合のポイント


外資系企業に転職というと、ビジネス英語ができる高い英語力をもった人が行うイメージですが、実は英語力がなくても外資系企業に転職することができます。英語力のない人が外資系企業に転職するポイントは、英語をあまり必要としない職種を選ぶことです。外資系企業に働いている人すべてが英語を必要であるかといえば、決してそうではなく職種によっては英語が必要でない場合があります。そのような職種を選べば、英語に自信がない人でも外資系企業に転職できるチャンスがあるのです。また外資系企業によっては、会社全体が英語力を必要としないところもあります。そのような外資系企業の特徴は、外国企業が日本企業を買収したケースです。このケースであれば、社員のほとんどが日本人なので、英語を使う頻度が少ないといえます。

英語力がない人が選ぶべき職種とは?


英語力がない人が、外資系企業に転職を考えている場合、どのような職種を選ぶべきかというと、外資系ITベンダーのシステムインテグレーターや外資系製薬会社の情報システム部などです。これらのIT系や情報システム系の職種であれば、高い英語力がなくても技術力によって転職することができます。また機械部品外資系メーカーの営業や医療機器販売の営業補佐、外資系生命保険の人事などの営業職や事務職も比較的英語力がなくても転職が可能です。さらに外資系アパレル企業のマーケティングや外資系会計会社のマーケティングプランナーなどのマーケティングに関する職種も英語力が高くなくても転職がしやすい傾向です。これらの職種は経験を重視することが多いので、多少英語が苦手でも転職しやすいという特徴があります。