英語力がある人も日本勤務では役立たない!英語力がある人が目指す、日本勤務の外資系転職は

外資系企業でも英語が必要ない!?


外資系企業と聞くと、外国人上司や同僚がいて、社内での会議やプレゼンテーションなどは英語で行われて…というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。しかし、外資系企業に勤めていても英語を使う機会がほとんどない、ということもあり得るのです。

外資系企業と一口に言っても、外資系企業の日本支社の中には、社員の九割が日本人で普段のコミュニケーションはほぼ日本語で行うようなところもあります。同じ会社でも、部署によって英語を必要とするところもあればそれほど仕事で英語を使わないところもあります。英語力を活かしたいからという理由で外資系に転職したものの、業務に英語は必要なかった…ということにならないように、事前にしっかり確認することが重要ですね。

英語力を活かしたい人におすすめの転職先は?


では英語を駆使して活躍したいような人は、どこに転職すればいいのでしょうか?

調べるべきポイントは、その企業の顧客がだれか?ということです。日本に進出している外資系企業のほとんどは、日本市場開拓を目的としているので顧客が日本企業であることが多いです。そうなると必然的に英語を使う機会は少なくなります。また、同僚の外国人比率もポイントです。企業によっては本国から出向してきた社員が多いところや多国籍な人材を採用しているところがあり、そのような会社では英語での会話が増えるでしょう。さらに、マーケティングや人事、管理職や技術職といった職種では英語が必要になることが多いです。特に重要なポジションにつく場合はビジネス英語が必須となるでしょう。