英語力が無くても外資系転職はできる!

英語に自信がない人が外資系転職する際のポイント


英語に自信がないけど、外資系企業に転職したいと考えているなら、英語の必要性が低い日本人従業員が多い企業を選ぶことが大切です。日本人従業員が多い外資系企業では、英語をそんなに重視していないことが多いので、英語に自信がなくても採用されやすいからです。日本人従業員が多いかどうかは、外国資本の割合によって知ることができます。外国資本の割合が低いと日本人従業員が多い傾向なので、外国資本の割合が低い外資系企業を選ぶようにしましょう。20代など若い世代で外資系企業に転職を考えているのであれば、ポテンシャル採用を狙うこともポイントの一つです。若い世代なら入社後に英語を学べばよいという意見もあるので、メールや資料を読む程度の英語力でも大丈夫です。

英語力がない人が外資系転職でアピールすることとは?


英語力がない人は、英語力のある他のライバルに出遅れているといえるので、外資系企業の転職に際して英語力以外のことをアピールする必要があります。どのような点でアピールするかというと、外資系企業の風土に自分が合っているという点です。例えば外資系企業は年功序列の日本企業とは違い、成果主義なので昇進や昇給は実力次第です。外資系企業は常に成果を求められるので、そのような環境でも耐えられるということをアピールするようにしましょう。個人の成果を重視している外資系企業では、探求心や向上心がある人材を求めることが多いです。その点もアピールすることもポイントになります。他にもスピーディーに対応できる点やコミュニケーション能力をアピールすることが大切です。